無痛分娩

無痛分娩について

無痛分娩無痛分娩とは、麻酔を使って陣痛を和らげた状態で出産する分娩方法です。
日本では、陣痛を我慢してお産する「自然分娩」が当たり前だと考えている方も多いようですが、欧米では「無痛分娩」が一般的な出産方法です。無痛分娩と聞けば、いろいろと不安があると思いますが、医師が最適なタイミングで考慮いたします。
麻酔で痛みを和らげつつ意識はある状態でお産することができます。痛みが苦手な方や分娩に対し恐怖心を抱く妊婦さんにとっては大変効果的な分娩方法です。

当院は、最も主流な「硬膜外麻酔」で陣痛の痛みを軽減させ、ストレスの少ない、安全なお産がおこなえるようサポートいたします。また安全のため麻酔薬の皮内反応テストを行っております。

無痛分娩Q&A(日本産科麻酔学会)

無痛分娩につきましては、予約制にさせていただいております。一定数になり次第、予約終了とさせていただいております。
詳細は電話等でお尋ねください。

ご予約の方・ご興味のある方には下記の本を貸し出ししております。ご活用ください。

  1. 無痛分娩マルわかりBOOK(メディアート出版)
  2. 麻酔分娩がよ~くわかる本(メディカ出版)
  3. 無痛分娩のすすめ(毎日新聞出版)
  4. 順天堂式無痛分娩Q&A50 (わかる! なっとく!!)

 

硬膜外麻酔とは

硬膜外麻酔
無痛分娩といっても、局所麻酔、鎮痛剤、ガス麻酔、腰椎麻酔等いろいろありますが、
最近では、硬膜外麻酔を使用して分娩時の痛みを和らげる「硬膜外無痛分娩」が最も一般的です。硬膜外腔(こうまくがいくう)と呼ばれる、背骨の中にある、脊髄神経を包む膜の外の狭い間隙に細くて柔らかいチューブ(カテーテル)を挿入し、麻酔薬を適時注入することで痛みを和らげます。
麻酔が効き始めるまでは緩やかですが、チューブを留置することで長時間の持続が可能です。
また、血圧が低下するといったことも少なくコントロールしやすい麻酔です。
麻酔がよく効いていると陣痛が弱くなることがありますが、この場合は、常時付けている分娩監視装置で確認しながら、丁度良い陣痛になるよう陣痛促進剤を使用します。
無痛というと痛みが全くないというイメージがあるかもしれませんが、麻酔薬の濃度や量によって痛みには、個人差があります。

硬膜外無痛分娩のメリット

  1. 陣痛を軽くし、痛みを和らげることができます。
  2. 手足も自由に動かせて意識もはっきりしています。
  3. 子宮収縮も痛くない程度に自覚することができます。
  4. 疲労や精神的、肉体的ストレスを少なくすることができます。
  5. 出産時の痛みが緩和されるので生命誕生の喜びがスムーズに味わえます。
  6. 赤ちゃんへの麻酔薬の影響はありません。
  7. 万が一帝王切開が必要になった時は、カテーテルをそのまま利用して、速やかに帝王切開に切り替えることができます。
  8. 産道の緊張が緩む為、結果的に分娩時間が短くなります。
  9. 出産後の回復が比較的早いです。

無痛分娩体験談【1】

私は、2回目の出産で予定日が近づいてきていました。

おしるしがあり、軽いお腹の張りもあったので、病院に電話をしました。

診察の結果、子宮口がまだ3cmくらいで、陣痛の間隔も10分くらいと比較的弱いものだったので、浣腸をして病室で様子をみることになりました。

時間の経過とともに少しずつ陣痛も強くなり、助産師さんの診察では、子宮口は6cmで赤ちゃんの頭もだいぶ下がってきたとのことでした。

陣痛は5分ごとなり、かなり耐えがたくなってきたので麻酔をお願いし、院長に硬膜外麻酔のチューブを入れてもらいました。麻酔が始まると同時に輸液の点滴も始まりました。10分くらいすると痛みはかなりなくなってきました。

陣痛はありましたが、辛くない状態が1時間ぐらい経過して、また痛みが出てきたので2回目の麻酔を入れてもらいました。

そうこうしているうちに子宮口は全開大になり、ここで3回目の麻酔を入れてもらい、
赤ちゃんの髪の毛が少し見えてきたので分娩台の上で出産体勢となり、怒責(いきみ)を始めました。

痛みはないが陣痛にあわせていきむことは可能で、5・6回ぐらいいきむと赤ちゃんが出てきて元気な産声を上げました。

無痛分娩体験談【2】

3人目ご出産 30歳後半 Y様

16時おしるしと5分〜15分間隔の陣痛で入院をしました。

子宮口は2cmくらい開いていましたがまだそんなに痛い訳ではなく、部屋で様子を見ていました。

18時頃、20時頃と痛みが強くなってきた感じだったので、分娩室でしばらく様子を見ていましたが、
20時頃でもまだ子宮口は3cm位しか開いていませんでした。

がっかりしている私に「大丈夫、3人目やし痛みがもっと強くなったら早いよ」助産師さんや看護師さんに励まされました。

そうこうしているうちに21時半頃痛みも強くなり分娩室に行くと子宮口も5cm開いてきたとのことで無痛のチューブを入れてもらいました。

痛みも軽くなりましたが、少し陣痛も弱くなってしまい、陣痛促進剤の点滴を使うことになりました。

麻酔の追加もしてもらい、そのあとはスムーズに進み23時間前には元気な子を出産することができました。

無痛で痛みは軽くなり、体力もあまり使った感じもありませんでした。

無痛分娩体験談【3】

初産婦 20代前半 M様

無痛分娩ができる病院を探してちばさんに決めました。

無痛を入れてもらうまでは痛くて泣いていたけど(私が痛がりだからかも?)

やっと待ちに待った無痛を入れてもらい4回目位の陣痛からは痛みもなくなって、お腹が張る感じはわかるけど、ウトウトできる位でした。

3回位無痛の薬をいれてもらったら、子宮口も全部開いていました。

お腹の張りに合わせて助産師さんの言う通りに力を入れたら元気な赤ちゃんが産まれました。

無痛をしてもらうまでは長く感じたけど、初めての出産で9時間位で産んだのは早い方だと言われ、無痛にして良かったと思いました。

無痛分娩体験談【4】

初産婦 30代前半 S様

無痛をしてもらって、よく効いて楽でした。

ただ赤ちゃんの頭がなかなか下ってこず、助産師に言われるように頑張っていきんでいましたが、
だんだん力も入りにくくなって、無痛の薬を追加せずいきんでみることになりました。

薬の効果も切れてきて痛かったけど、力は入るようになり何とか赤ちゃんの頭も下がってきたので、もう1度無痛の薬を入れてもらい、先生に赤ちゃんの頭を引っ張って助けてもらい何とか出産することができました。

次もまた赤ちゃんの頭がなかなか下がって来なかったらと、心配にはなりますがやっぱり無痛分娩を希望します。

無痛分娩体験談【5】

経産婦 30代前半 K様

1人目の出産は2日間かかり、陣痛も辛かったので、今回は無痛分娩を希望しました。

陣痛が来てから6時間と思っていたより早く出産できました。

無痛分娩は、痛みは全くなくなったということではないですが、そこそこ楽だったかなという感じでした。

無痛分娩体験談【6】

経産婦 30代前半 O様

体重が15kgも増えたせいか、無痛分娩をしましたが、痛みへの効果はもうちょっとあって欲しかったと思いました。